【FF14】暁月のフィナーレ発売日から分かる零式・絶の予定

pandemoniumFINAL FANTASY XIV
FINAL FANTASY XIV

ファイナルファンタジーXIV デジタルファンフェスティバル 2021にて、遂に新拡張のパッチ6.0 暁月のフィナーレの発売日が発表されましたね!

新ジョブのリーパーや新種族のヴィエラ♂など、新情報盛りだくさんでしたが、やっぱりレイド勢が気になってしまうのが今後の零式と絶です!

固定を組むとなると、実装スケジュールは超重要になってきますよね!

今回は、これまでの零式・絶実装スケジュールと暁月のフィナーレ発売日から、6.0零式と6.1絶の実装日を予測していきます!

11月6日に放送された『第67回 FFXIV PLL』にて発表された『暁月のフィナーレ』発売延期に伴い記事を追記・編集しています

結論から言うと、6.0零式は2022年1月4日で確定です!

6.1絶は2022年4月26日の予想です!

※過去のスケジュールから出した推測なので、一部は確定ではないです!

筆者プロフィール

  • FF14を約4年間プレイ
  • メインキャラのプレイ時間は4000時間↑
スポンサーリンク

暁月のフィナーレ発売日

昨日のファンフェスで、遂に「暁月のフィナーレ」の発売日が2021年11月23日(追記:2021年12月7日に延期)と発表されました!

こちらは確定の正式発表です!

延期がないとは言い切れませんが、9・10月と予想されていたところを大幅に遅らせて11月下旬にリリース予定にしたわけですから、延期の可能性は低いでしょう。

まさかの2週間延期となりました!

FF14運営はパッチ5.2以降はかなりダメな部分が目立ち始めているので、ここでの延期はかなり痛いですね!

とはいえネットゲームの運営としては未だに最高クラスの運営ですから、ここはおとなしく切り替えて我慢です。

ちなみにFF14の運営は、一度発表したリリース日より前倒しでリリースすることはないので、最速で12月7日と思ってもらって大丈夫です!

暁月関連の他記事はコチラ!

アーリーアクセス予想日

FF14の新拡張は、予約者限定でアーリーアクセスを行うのが通例です。

これまでは、正式リリース日の前の金曜日でしたので、今回も恐らくそうなるでしょう。

よって、アーリーアクセス開始は、2021年11月19日(追記:2021年12月3日に延期)になります!

ヒカセンの皆さんは、予約を忘れずにしておいてスタートダッシュを決めちゃいましょう!

既存『絶』や他ジョブに触れるのもここまでにやっておくのが吉です。

スポンサーリンク

新拡張リリースから零式実装までの流れ

新拡張の正式リリースからの流れも、これまでは決まったパターンでした。

まず、正式リリースから2週間はメインクエストやレベリングを楽しむ期間として、レイドシリーズの実装はありません。

この期間は、次の4つをする期間です!

  • メインクエスト
  • バトルジョブのレベリング&スキル回し考察
  • ギャザラー&クラフタ―のレベリング
  • 『極』2種の周回で新式相当の武器&アクセサリー集め

そして、正式リリースから2週間後に、まずはノーマルレイドが実装されます。

毎度零式を解放する前にやるあれです!

ですので、2021年12月7日(追記:2021年12月21日に延期)6.0新ノーマルレイドの実装が予想されます!

そして、ノーマルレイド実装から2週間後に、零式&新式装備の実装というのがこれまでの流れでした!

スポンサーリンク

6.0零式の実装予想日

改めて、拡張リリースから4週間後、新ノーマルレイド実装から2週間後に零式が実装されるのが通例です!

よって、6.0零式である万魔殿パンデモニウム辺獄編の実装日は2021年12月21日(追記:2022年1月4日に延期)と予定されています!

固定PTやレイドレースの文化が根付いているFF14ですから、余程の事がない限りこれまで通りのスケジュールでレイドを実装してくれると思います!

とはいえ1月上旬とは…とんでもなく忙しい時期に零式が来ますね(笑)

12月上旬実装だったエデン再生編ですら結構大変だったのに!

今年は初詣したらすぐ零式

唯一の救いは、拡張後一発目の零式は極武器を予め用意しておけるので、零式に集中できることですかね!

6.0零式から6.1絶実装までの流れ

漆黒のヴィランズでは、2つある予定だった『絶』シリーズの2個目が延期に延期を重ねてしまい、6.1に実装されることが発表されています。

ですので、6.1に『絶』が来るのはほぼ確定と言えるでしょう!

零式から絶までの期間は、パッチによって少し違っています。

しかし、最低でも初週から14週間は空けてくれています。

これは、零式を準早期でクリアできる層、つまり絶に挑戦するボリュームゾーンのプレイヤーが複数ジョブ・ロールの装備を集めて挑戦できるようにしていると僕は考えています。

更に、絶は必ず奇数パッチリリースから2週間後に実装されるのが通例です!

6.1絶の実装予想日

6.0零式から最低でも14週間、かつ奇数パッチリリースから2週間後というのが『絶』実装の通例です。

よって、6.1絶である竜詩戦争の実装日はパッチ6.1リリースの2週間後と予想されます!

パッチ6.1は2022年4月12日リリースに決定。

となると、絶は奇数パッチリリースから2週間後が通例ですので、2022年4月26日の実装を予想してます!

暁月のフィナーレ発売が延期してしまった以上、これ以上延期します!は言いづらいでしょうし余裕を持ったリリース日出来そうな気がしますね。

実装日が結構ハードじゃない?

僕が「暁月のフィナーレ」の発売日を聞いてまずやったのが、ここまで書いてきた計算です!

やっぱりレイド攻略が僕の一番の楽しみですから、気になっちゃうんですね!

とはいえ、真っ先にレイド実装日の予想をするのはもう病気じゃない?

そして実装日を6.0零式が1月4日に確定して思ったのが、こりゃハードだということです(笑)

僕はレイドレース勢みたいに平日日中もプレイするわけではないので、踏破は初週の土~月くらいを目指して攻略しています。

となると、今回は1月7~10日を踏破目標にするわけですから、リアルとの兼ね合いが超ハードになっちゃいますね(笑)

新年は一富士二鷹三茄子四零式になりそうです。

もちろんレイド攻略>>>リアルだよ

そして、6.1絶もまたまたハードです!

4月や5月は新生活をスタートしたばかり特に僕は社会人1年目をスタートしたばかりですから、超絶タイミングが悪いですね(笑)

FF14とリアルの両方で超高難易度に挑むことになりそうです!

それでも絶はやるけどね!

でもやっぱり、僕は趣味のために日々の生活を頑張るわけですから、リアルが原因で一番楽しみにしてる絶ができないなんてありえないですけどね!!!

実装日が決まったわけではないですか、ここら辺を見越して固定を選んだり、リアルの調整をしておくと後々後悔しないかもしれないですね!

実際に、僕はリアルを調整しておいたおかげで絶アレキサンダーやエデン再生編はリアルに困らされませんでした!

それではみなさん、よいエオルゼアライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました