【FF14】どれから挑戦すればいい?最初に挑むべき絶を紹介!

3ultimateFINAL FANTASY XIV
FINAL FANTASY XIV

遂に6.0 Endwalkerのベンチマークが公開されましたね!

ここで一気にFF14熱が再熱した方も多いのではないでしょうか?

来るべき6.0に備えて、実力を磨いておきたい。

早期固定に入るために、経歴を整えておきたい。

そんなアナタが挑むのは、FF14最難関レイド『絶』シリーズでしょう!

今回は、絶3種をクリアしている僕が、最初にやるべき絶をランキング形式で紹介していきます!

筆者プロフィール

  • FF14を約4年間プレイ
  • メインキャラのプレイ時間は4000時間↑
  • 絶3種クリア済み
  • FFlogs瞬間個人1位、瞬間チーム1位の獲得経験アリ
  • 固定崩壊経験アリ
スポンサーリンク

はじめに

まずはじめに、今回のランキングの基準をお話します。

初めて『絶』に挑む方向けのお話ですので、今回は単純な難易度だけで決めているわけではありません

僕が最も重要視したのは、最初から最後まで、絶未経験の8人で固定崩壊せずにクリアできるかどうかです。

これは、難易度とは似て非なるものです。

そして、今後FF14のハードコアレイド層になるなら、いずれこの3つは全てプレイすることになると思います。

だからこそ、最初に躓いて嫌なイメージを持たないように、最初に挑む絶を挑んでもらえればと思います!

ファースト絶で固定崩壊した男は言う事が違うぜ

とはいえ、最も大切なのは絶を一緒に遊ぶ仲間を見つけることです!

8人PTを組まないと挑めないコンテンツですから、このランキングにとらわれず参加できるPTがあれば飛び込んじゃいましょう!

ハードコア層を目指すならいずれ3つともプレイするモノですから、せっかくのチャンスを逃さないようにしましょう。

絶が初固定の方も多いでしょうから、コチラの記事も参考にしてみてください!

少し躓いてしまったら、予習のやり方やプレイ環境を見直すのも手ですよ!

1人でも絶をプレイするハードコア層が増えれば、開発陣も絶開発により一層気合が入ると思うので、僕は皆さんが挑戦することを心の底から願っています(切実)

スポンサーリンク

第1位:絶アルテマウェポン破壊作戦

僕が一番最初に挑むべきだと思う『絶』は、絶アルテマウェポン破壊作戦です!

この理由はシンプルで、絶アルテマが最も進んでいる感を感じられるからです。

こう聞くと、進んでいる感って何?と思うかもしれませんね。

高難易度レイド、特に絶だと、固定が一つのフェーズで躓いてしまうことがあります。

あるフェーズが難しくて、一週間も固定としての進捗がなかった!

こんな話はよくある話です。

実際に、僕が居た固定もこれが原因の一つで固定崩壊しました。

こういうのって大抵はワンミス=ワイプとなるギミックが原因です。

1人の、1つのギミックミスでワイプとなって、最初からやり直しになるので、8人全員が完璧にできるようになるまでそのフェーズを突破できないんですよね。

絶バハなら連撃やトリニティ、絶テマならジェイル、絶アレキならヤークトや断絶などが有名です。

3絶の中では、絶テマはこういったワンミス=ワイプギミックが非常に少ないです。

タイタンフェーズのグラナイトジェイル以外は、ギミックミスがあってもPTとして建て直せることがほとんどです。

つまり、ミスがあっても先に進むことができるので、練習効率が非常に良く、進んでいる感も実感できるんですね!

1日1つでも、新しいギミックが見れるだけで精神的な負担は大きく減ります

また、レベル70シンクという事もあって元々緩いDPSチェックが更に緩くなっているので、数デス程度なら問題なくDPSチェックをこえることができます。(零式でそこそこ火力が出るPTなら)

なので、建て直しがしやすいというのは先が練習できるという事に直結するんですね!

固定崩壊せずにクリアしようと思ったら、PTの雰囲気をどれだけ保てるかが大事ですから、精神的負荷に直結する「進んでいる感」が非常に重要です。

それが最も感じられる絶アルテマこそ、ファースト絶にもってこいだと僕は思います!

それでも僕の絶テマ固定は崩壊したからやっぱり絶は凄いね

スポンサーリンク

第2位:絶アレキサンダー討滅戦

次点でオススメなのが、絶アレキサンダー討滅戦です!

絶アレキがオススメできる理由は、ギミックがほとんど個人プレーだからですね!

FF14のレイドが難しい理由の一つが、複数人で処理するギミックの存在です。

短い時間の間で、PTメンバーと息を合わせてギミックを処理するのは、慣れるまではとても大変なモノです。

そして、他人と協力してギミック処理を行う以上、そこで人間関係のトラブルが発生することだってあります。(もちろん仲良くなることもある)

黒さんこっちに動き合わせてよ!

侍さんこそどうしてそこ動いちゃうの!

ギミック処理が嚙み合わず、こんな風に揉めてしまうこともあります。

そして、ワンパターンに処理できないランダム性の強いギミックならなおのことです。

しかし、絶アレキではこういったPTメンバーと協力するギミックは非常に少ないです!

このデバフがついたからこの動き。

このサイコロの数字だからこの動き。

分身がこう動いたからこの動き。

こんな風に、ほとんどのギミック処理が自分一人で完結します。

PTメンバーと息を合わせる必要があるのは、せいぜいジャッジメントナイサイくらいですかね。

揉め事の要因が少ないだけで、固定の存続率は大幅に上がるので、僕は絶バハよりは絶アレキの方がオススメできると考えています!

とはいえ、次元断絶のマーチを始め、多くのギミックがワンミス=ワイプとなりやすいので絶アルテマほどオススメではないという印象です。

第3位:絶バハムート討滅戦

最後に、ファースト絶に最もオススメできないのが絶バハムート討滅戦です。

理由は大きく分けて2つあります。

まず、PTの意思統一が必要なランダムギミックの存在です。

一番有名なのは連撃の三重奏でしょうか。

マーカーの付き方のパターンが非常に多く、臨機応変な対応が求められるギミックです。

PTとして、この人がココ!といった単純な決め方が出来ず、優先順位のような大まかなルールを割り振って動く必要があります。

そして、場合によってはその優先順位にとらわれず、最も処理しやすい位置にいる人がギミック処理をした方がいい状況もあります。

こういったチームとしての連携と、個々人の判断力という2つの要素を求められるギミックが点在しています。

そして、もちろんミスすればワイプなので、進んでいる感も得にくいです。

PTでの綿密な打ち合わせと、いざという時の個人の臨機応変さという重たいスキルを求められるため、ファースト絶の固定には向かないというわけですね。

逆に言えば、精密なキャラコンやスキル回しなどが求められるわけではないので、PTによってはサクッとクリアできることもあります。

もう一つの理由が、その戦闘時間の長さです。

絶バハは絶シリーズ第1弾という事もあって、戦闘時間がダントツで長いんですよね(笑)

元々絶シリーズは零式より実戦闘時間が長いのですが、その中でも絶バハはダントツです。

他が15分ちょいなのに対して、絶バハは20分近くあります。

FF14の戦闘の数分って、プレイする側からすると非常に長く感じますよね。

時間が長ければギミックの数も増えますし、人間ですから集中力も持っていかれます

そうなれば攻略時間も自ずと伸びていくので、固定の存続も難しくなっていきます。

攻略が長引けば長引くほど固定崩壊のリスクは高まっていくものです。

ファースト絶で長時間戦闘が不慣れな上に、固定崩壊のリスクも高い絶バハは初めてやるには少しハードルが高い気がしますね!

さいごに

1人でも多くの方が絶に挑戦して、初クリアの感動を味わって欲しいと心から願っています!

僕も未だにあの初クリアの感覚は忘れられません。

あの感覚があるからこそ、どれだけ大変でも、どれだけ辛い思いをしても、どれだけアップデートが来なくても、どれだけ自分のお気に入りジョブが弱くてもFF14が辞められないんだと思います。

後半ただの愚痴やんけ

とはいえ、辛い思いが少なければ少ないほど良いですから、このランキングが少しでも参考になれば幸いです!

固定募集に関してはコチラも参考にしてみてください!

FF14廃人がこんなこと言ってるなァ~と思ってもらえるだけでも、十分嬉しいです!

それでは、よいエオルゼアライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました