【FIFA21・22】無課金でも遊べる?FUT21を振り返る【目標選手編】

toty-objectiveFIFA
FIFA

FIFA22 Ultimate Teamって無課金でも遊べるの?

FIFA22の購入を考えてる方なら、多くの人が気になる部分なんじゃないでしょうか。

created by Rinker
エレクトロニック・アーツ

リリースされてみないと分からないところもありますが、FIFA21の傾向から分かることも多いはずです。

ですので、FUT21を振り返ってみてFUT22が無課金でも遊べそうかを考えていきます!

今回は目標選手を振り返ってみましたが、優秀な選手も多く十分戦えそうに思えますね!

スポンサーリンク

はじめに

FIFA 22のUltimate Team、通称FUT22って無課金でも遊べるの?

FIFA22に興味を持っている人や、無課金プレイに移ろうとしている人は気になるポイントだと思います。

配信者たちがRoad to Glory(通称:RTG)という企画として無課金プレイする人も多いFUTですが、FIFA 21はどうだったのかを実際にプレイしていた僕が振り返ってみます

ちなみにFIFA22スタートダッシュ記事はコチラ!

created by Rinker
エレクトロニック・アーツ

今回は、試合数やゴール数といったゲームプレイ中の目標達成で貰える目標選手を振り返っていきます。

目標選手は、目標を達成すれば必ず無料で貰えるという、無課金プレイには欠かせないカードですので必見です!

SBC選手はコチラで振り返っています!

また、PC版FIFAでFUTが遊べるかはコチラでレビューしています。

スポンサーリンク

10月~1月(開幕~TOTY)

目標選手が特に重要なのは特殊カードの少ない序盤や、コスパスカッドで乗り切りたいTOTYまでですよね。

やっぱりこの期間に優秀な目標選手がいるだけで、コスパスカッドでグッと戦いやすくなります。

今作はこの期間に優秀な選手が多く、TOTYである程度スカッドを整えるまでのコスパ期間もかなり楽しく遊べました!

RBムキエレ

最序盤ではかなりの強カードだったRulebreaker Mukiele

RBムキエレと金クロスターマンのディフェンスラインは安価なうえにペースが高く、鬼コスパディフェンスとして猛威を振るっていました。

そこそこコインのある課金者でも、左からメンディ・ヴァラン・クロスターマン・ムキエレにGKテア・シュテーゲンでディフェンスラインを組んでいるくらいムキエレは強かったです。

ブンデスリーガ(RBライプツィヒ)にフランスとリンクも使いやすく、間違いなく今作でもトップクラスに優秀だった目標カードです。

Foundationsリマ

超コスパスカッドではよく見かけたSquad Foundations MLS Lima

リマはMLSにアメリカとリンクの使い勝手は悪い選手でしたが、比較的安価だったRBオパラ(MLS・アメリカ)との緑リンクで採用されていました。

両者ともにペースが高く、GKを妥協して左からリマ・オパラ・クロスターマン・ムキエレで組むと一線級のディフェンスラインになりましたね。

オパラをケチって同じSquad Foundation MLSのセンターバック・ロングと組ませると無料DF2枚と超安価に済むのもありがたかったです。

ただやはりリンクの悪さは厳しく、前線の都合で外すことも多かったです。

RTTFクンデ

全FIFAプレイヤーがCLでセビージャを応援したであろう、Road to the Final Kounde

こちらは現実のUEFA Champions Leagueの結果次第でカードの能力が上がるUCL Liveカードというもので、通称RTTF。

性能面もさることながら、ライブカードというのは持っているだけで楽しいものです。

現実の結果でカードの能力アップがあるので、自分の推しチーム以外の試合を熱を持って楽しめるようになりますからね。

僕もセビージャどころかリーガのファンでもないですが、セビージャのいるグループの結果はかなり気にしていました(笑)

性能面もペースの高いディフェンスがメタで、CBがほとんど鈍足だった今作では光輝くカードでしたね。

当時はサイドバックをケミ7で使うのがまだ流行っていなかったのもあり、間違いなく一線級のカードでした。

リンクはラ・リーガ(セビージャ)にフランス人と超優秀で、パーフェクトリンクではないもののヴァランの代わりに使える選手として大人気でした。

序盤のヴァランはCBのファーストチョイスだったので、かなり高かったですからね。

メンディー・クンデの緑リンクはかなり強かったですし、前述のRBムキエレとセットでシソコやベン・イェデルを合わせるのも強くてとても使い勝手の良いカードでした!

Seasonテージョ

後述のダンカンと合わせてセリエAスカッドの中盤に君臨したSeason Tello

特に目標をこなさなくとも、そこそこプレイしていれば入手できるシーズンレベル15の報酬選手だったのがまず大きい一枚です。

その上でペースが90近くあるボランチという珍しいカードで、セリエスカッドを組んでいなくてもとりあえず取っておくかというカードでした。

中盤でこれだけペースが高いとかなり強く、守備時にどこにでも顔を出せる強さが感じられる一枚です。

後述のダンカンと組み合わせて形成する2ボランチは相手に居るとかなり鬱陶しく、コイツら本当に無料かと思わされるくらい守備面では強力なボランチです。

ボランチとして見れば性能面では問題なく、欠点はリンクくらいでしたね。

クラブがベネヴェントで国籍がコロンビアというのがネックで、セリエスカッド以外だとスタメンでは置きにくかったです。

このカードと緑リンクを繋げるためだけにクアドラードやムリエルを使うかと言われると微妙でしたしね…

Foundationsグラフェンベルフ

無料フリットと言われたSquad Foundations Eredivisie Gravenberch

このカードが出てからコスパ=オランダ・エールディビジという流行りができたほどの人気カードです。

元々鬼コスパのメタカードだった廉価版ネイマールことプロメスとパーフェクトリンクなのも相まって、一気に流行りましたね。

後に登場したSBCカードのFBロッベンやSDクライベルと合わせてスカッドが組みやすく、僕自身かなりお世話になりました。

ボランチでは攻守両面で安定感のあるカードで、どんなチームでも必要な中盤の選手だったので非常に優秀な一枚だったと思います。

Foundationsファン・ベルヘン

逆足5のスピードスターSquad Foundations Eredivisie Van Bergen

同ポジションにSBCロッベンが出てスタメンで見る頻度は少なかったものの、スーパーサブとしても破格の性能だったこのカード。

前述のグラフェンベルフと一緒のシリーズなので、まとめて取れば良かったのもポイント高かったですね。

ケミストリーなしでペース96という破格のスタッツに逆足5ということで、ウィングやフォワードとして無料とは思えない性能でした。

マークスマンをつけてストライカーとして起用するのがなかなか強く、スーパーサブとして後半に出してスピードでぶち抜いてシュートという流れも強かったです。

欠点はペラッペラのフィジカルとスキル3の2点ですね。

フィジカルは正直アダマ・トラオレ並みに強烈な選手じゃない限り相手DFに弾かれるので気にならなかったですが、スキル3は大きかったですね。

本作のアタッカーは最低でもスキル4、正直スキル5が欲しいなというくらいスキルムーブを使わないと相手DFを突破できなかったので、スキル3はかなりの足枷でした。

なのでカウンター要員としての起用で光輝いたカードです。

リンク面は前述のグラフェンベルフやプロメス、SDクライベル、RBダンフリーズなどと緑リンクだったのでコスパスカッドでは間違いなく重宝される一枚でした。

Freezeカパ

無料カンテとすら呼ばれたFreeze Capa

リーガは元々ゴールドでもバルベルデ、マルコス・ジョレンテ、フレンキー・デ・ヨングといった超優秀なボランチがいるリーグでしたが、それでも人気のあったFreezeカパ。

TOTYまではカパをボランチに据えていた人がとても多かった印象です。

カンテほどではないにせよ、高いペースを活かして守備時にどこにでも顔を出す潰し屋っぷりは優秀で、カンテを買えない無課金・節約勢にとっては神のようなカードでした。

相手に居たらかなり鬱陶しい(誉め言葉)カードでしたね…

ラ・リーガ(ビルバオ)とスペイン人というリンクも優秀で、前述のリーガボランチ3人衆の誰かと組み合わせて中盤を形成したり、序盤大人気ストライカーのロドリゴと繋げたりと利便性が高かったです。

リーガベースのスカッドでは豪華なスカッドでもカパが入るくらいには強かったです。

守備時のキーマンである守備ボランチの強カードというのもあり、今作トップクラスの目標カードだったと思います。

Seasonダンカン

テージョと合わせて無料ダブルボランチを形成したSeason Duncan

条件はテージョと同じシーズンレベル15という簡単な入手条件

いわゆるシーズンパス・バトルパスの報酬でFUTではシーズン報酬は無課金で貰えますからね。

テージョと比べるとより守備に秀でている選手で、相手に居るとカンテのような鬱陶しさ(誉め言葉)のある選手でした。

ちょうどこの時期にリベリーやディバラ、クリスティアーノ・ロナウドのSBCが出たのもあってセリエスカッドがアツく、採用している人が多かったです。

それこそリベリーやディバラのSBCを作って、CR7を買えるような金満スカッドでも採用されているようなカードでした!

守備的ボランチにカンテのようなタイプを求める人はRTTFケシエやRBナインゴランよりダンカンを選んでいる人が多いくらい強かったです。

リンクはクラブがフィオレンティーナに国籍ガーナというのがあって使いにくいですが、前述のテージョとダブルボランチを組ませるなどセリエスカッドがかなり組みやすくなる一枚でした。

スポンサーリンク

2月~5月(TOTY~TOTS)

多くの人がTOTYら辺でガッツリコインを使い、TOTSまで戦えるスカッドを作るFUT。

当然目標選手の需要は下がりますが、そんな中でも注目されたカードたちです。

特殊カードが増えたTOTY以降でも存在感を出せた、キラリと光る選手達ですね。

Leagueシンクラーフェン

当時はブンデスLBの数少ないオプションだったLeague Player Sinkgraven

ブンデスはアルフォンソ・デイビスを除くと驚くほどLBのオプションがなく、デイビスもカナダ人と使いにくいリンクをしていたのでスカッドの幅が広がる一枚でした。

前述のグラフェンベルフやファン・ベルヘンを始め、エールディビジ&オランダ人選手はコスパの鬼だらけだったのでシンクラーフェンはリンク面で重宝されました。

ペースも影をつければカンストしますし、この頃から5バックが流行っていたのもあってサイドバックの選手はかなり嬉しい一枚でした。

ただ、リンク面を気にしないのであればデイビスがいますし、そもそも他のリーグの選手を使えば良いというのはありましたね。(フェルランド・メンディ、テオ・エルナンデス、アクーニャなどなど)

FSククレジャ

ウイングバックに最適な男Future Stars Cucurella

この頃は5バックメタ大流行で、攻守で存在感のあるウイングバックが求められていました。

そんな中で影をつければペースカンスト+守備強化で超バランスの良いカードになるククレジャはまさにピッタリ。

右にはカンセロやクアドラード、タヴェルニエなどのウイングバックが務まるサイドバックがいたのもあって、ククレジャはかなり痒い所に手が届く一枚でした!

リンクもリーガにスペインと非常に使いやすく、この次のプロモだったWhat ifベルチチェと緑リンクで縦に並べるのもとても強かったです。

TOTSロドリ

リンクが超優秀だったTeam of the Season Rodri

TOTSの時期になると市場も暴落し始め、同じポジションなら大人気のカンテにも容易に手が届くようになります。

ただ、ロドリにはプレミアリーグ、マンチェスター・シティ、スペインという圧倒的リンクの良さがあり、スカッドを成立させるピースとしても優秀でした。

体格の割にペースも影をつけて91とかなり高く、中盤でボールを刈り取るという点ではかなり優秀なカードでもありました。

ただやっぱり、TOTSの時期になるとコインを気にせずスカッドを組み始めるのでありがたみは薄かったですね。

TOTSバレッラ

セリエスカッドスタメンのTeam of the Season Barella

この選手に関してはなんで無料なのかワラカンというカードでしたね(笑)

セリエスカッドならファーストチョイスにしても良いくらいのボランチでしたし、緑リンクを繋げる選手も多かったのでスカッドの幅も大幅に広げられる優秀な一枚でした。

バレッラ自体はTOTWのカードも一定の人気があり、コスパの良いボランチでしたので彼のTOTSが無料なのは大きかったですね。

そういう意味では、今作のセリエはかなり無課金に優しかった印象です。(Kessie to the moonとかもあったけど)

まとめ

振り返ってみるとディフェンス~ボランチくらいの、バックラインの選手に優秀な目標選手が多かったですね。

特に序盤は金満スカッドにも入りそうな選手も一定数いて、かなり無課金でも戦える環境だったことが分かります。

こうやって振り返ってみると、FUT21はディフェンスやボランチの目標選手で浮いたコインを前線の選手に投入して、前線だけ金満気味のスカッドでプレイするのが高コスパなゲームだったということでしょう!

created by Rinker
エレクトロニック・アーツ

FIFA22でも同じトレンドになるかはEAの匙加減次第ですが、最低限守備くらいは無課金でも一線級を整えさせて試合を成立させるという方針なのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました