初心者必見!FF14における金策の考え方

gill-harvestFINAL FANTASY XIV
FINAL FANTASY XIV

ギルが足りん!

金策がしなきゃ!

「FF14 金策 やり方」で検索したけど色々ありすぎてわからん!

そんなヒカセンの方は多いんじゃないでしょうか?

ファイナルファンタジー14は今やMMO界のトップに君臨しているゲームですから、攻略情報も氾濫気味ですしね!

なので今回は、僕が大切にしている金策の考え方を紹介していきます!

筆者プロフィール

  • FF14を約4年間プレイ
  • メインキャラのプレイ時間は4000時間↑
  • 所持金1億ギル↑
スポンサーリンク

はじめに

FF14をプレイしていくと、いつかはギルを集める必要が出てきます

ハウジングのために土地とハウス代が必要。

オシャレ装備を集めるのに手持ちが足りない。

レイドをやるのに新式装備や最新の飯・薬をマーケットボードで買いたい。

テレポや修理代だけならともかく、こういったよりFF14を楽しむための遊び方にはそれ相応のギルが必要になってくるわけです。(従者に貢いでもらえない一般プレイヤーの話)

僕はレイドをメインにプレイしているので、特に飯・薬はパッチ中は常に必要ですね。

一応ギャザクラオールカンストはできているので自分で作ろうと思えばできますが、素材集めなどがかなりしんどいのでマケボで済ませることも多々あります。

なので、意外とレイド勢も金策はマストです!

FF14をストーリーとプレイヤー間交流以上に楽しみたい方は金策必須くらいに思っておきましょう!

スポンサーリンク

2つの金策スタイル

金策のスタイルと言うと物凄く沢山あると思います。

ただ、僕は金策法は大きく分けて2種類だと考えています。

それが

  1. システムから引き出す方法
  2. プレイヤーから引き出す方法

の2種類です。

前者はNPCからクエスト等の報酬としてギルを受け取る形。

後者はプレイヤーからマーケットボード等の取引でギルを受け取る形ですね。

もちろんより細かく見ればバトルコンテンツを周回するのか、ギャザラーで素材集めをするのか、クラフターで製作をするのか、などなど沢山分けられるポイントはあると思います。

ただ、最終的にギルを受け取る形はNPCからかプレイヤーからかの2種類ですので、僕はこの2つに分けて考えて、使い分けていますよという風に受け取ってください。

当然それぞれに長所・短所があって、得られる金額や手間などが異なるので詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

①:システムから引き出す

まずは①のシステムから引き出す方法

これはNPCから報酬としてギルを受け取る形ですね。

恐らく一番有名で多くの人がやっているのが、ギルドリーヴでしょう。

パッチ5.0~5.5の『漆黒のヴィランズ』シーズン中は、クリスタリウムで受けられるクラフターのギルドリーヴが鉄板中の鉄板。

クッキー金策水薬金策と呼ばれている方法ですね。

僕もクッキー金策をずっとやっています!

例えばクッキー金策は、「コーヒークッキー」というアイテムを納品するギルドリーヴです。

『大口依頼:サクサクのクッキー!』という調理師レベル78の製作稼業にあるリーヴで、リーヴ1回につきコーヒークッキーを計9個納品します。

報酬が少しランダムなので多少上下しますが、HQ品を納品すればリーヴ1回につき大体18000ギルを貰うことができます。

素材は全て園芸師で集めることができるので、素材集めからやれば安定した金策になるわけですね。

リーヴ受注権は1週間で最大42個貰えるので、溢れさせなければ毎週42回クッキーリーヴが出来て、週75万ギルくらいは稼げます。

これだけで週に75万ギルも稼げるので、安定していてお得と言えばお得ですね!

デバイスマクロを使いこなせばかなり負担も減りますしね。

ギルドリーヴには勝てませんが他にもドマ町人地のドマ復興で毎週2万ギル稼げたり、各種コンテンツルーレットの報酬としてギルを貰ったりする方法もシステムから引き出す方法に該当します。

メリットは前述の通り安定して稼げることですが、もちろんデメリットもあります。

それは、時間ごとの上限があるという点ですね。

クッキー金策の例が分かりやすいですが、リーヴ受注権は週に42個までしか貰えません。

なので、リーヴ権を使い切った後はどんなに頑張っても週に42回、約75万ギルまでしか稼げないんです。

ドマ復興も週に2万ギルが上限ですし、基本的にシステムから引き出す方法は必ず上限がつきまといます。

こういった欠点もあるので、急ぎで大金が必要な人には合わない金策かもしれませんね。

コツコツ毎週なり隔週なりでこなしていける人に向いている金策だと言えるでしょう。

まとめると、こんな感じです。

  • 報酬の値動きがなく、安定している
  • 決まった品を決まった数用意すれば良い
  • できる回数(=稼げる額)に決められた上限がある

②:プレイヤーのニーズを読む

次に②のプレイヤーから引き出す方法

これは言い換えると、プレイヤーのニーズを読むということになります。

なぜなら、他プレイヤーにアイテム等を譲渡し、その報酬としてギルを受け取る形だからです。

誰も要らないものにギルを出してくれる人なんてまずいないですから、金策と呼べるレベルまで稼ぐには他プレイヤーが欲しいと思うものを用意する必要がありますよね。

なので、その時々でプレイヤーのニーズを読む必要があるわけです。

これは、マーケットボードなどの値段にも大きく関わってきます。

例えば、パッチ5.4以降の最新の飯として『スモークチキン』がありますよね。

高難易度レイドでは必須アイテムで、多くのジョブの最適飯がこれになっており物凄く需要のあるアイテム。

でも、これを売りに出す時期で儲けは大幅に変わってきます

沢山のプレイヤーがレイド攻略をやっている実装~1か月くらい、今回で言えば12月上旬~1月上旬の時期では物凄く稼げる商品でしたが、希望の園エデン:再生編が実装されてから9か月もたった今ではほとんどの人が必要としておらず、大した稼ぎにはならないでしょう。

更に細かく見ても、パッチ5.4中は月曜日や火曜日に売りに出すのか木曜日に売りに出すのかで値段が変わってきます。

FF14のレイドは報酬に週制限があって、クリアしてからも最低8週くらいは再クリアをするのが通例です。消化と呼ばれていますね。

この週制限のリセット日が火曜日なので、その周辺ではレイドに行く人が増えて飯のニーズが増します

逆にほとんどの人が消化を終えている木曜くらいになると、飯のニーズが減るわけですね。

今回はレイド勢御用達の飯で解説しましたが、1日1回のペースで入手できる地図(古ぼけた地図G12)やオシャレアイテム、ハウジングアイテム等もその時々で流行り廃りがあります。

この流行り廃りを見極めて用意する商品を変えていくのがプレイヤーから引き出す方法の肝になってきます。

上手くいけば一攫千金もありますが、失敗すれば骨折り損のくたびれ儲け

これ!という攻略法はなかなかありません。

まるで現実の商売みたいですよね(笑)

ギルドリーヴみたいに上限がない代わりに、安定性もないのでコツコツやれば儲かる!といった脳死でできる金策じゃないのが欠点なわけです。

まとめると、こんな感じです。

  • 報酬に上限がない
  • 上手くいけば1回で数千万ギルを稼げるケースもある
  • プレイヤーのニーズに左右されるので安定しない
  • 市場の流れを見誤ると全く儲けられない

僕はクッキー金策をメインにやっていますが、市場のニーズを読み切れている自信があるときはコチラの金策をすることも結構ありますね。

初心者におすすめのスタイル

今までの話を聞いた方は勘付いているかもしれませんが、初心者におすすめのスタイルは①:システムから引き出す方法です!

初心者には他プレイヤーのニーズを素早く察知して商品を用意するのは難しいでしょうし、前の似たような状況ではこれが高騰したからこれにオールインしてみよう!といった知識と経験がものを言うシーンも少なくありません。

Twitterやブログを見て高騰しそうな商品を集めればいけるんじゃない?

こう思っていた時期が僕にもありましたが、結局みんなそれを見て金策するので供給過多で高騰どころか値下がって全く儲からないなんてケースも多々あります。

なので、FF14の市場の流行り廃りを把握できるようになるまでは、システムから安定してギルを引き出す金策をやっておいた方が無難でしょう。

ギルドリーヴを全然やっていなかった人なら、クッキー金策をリーヴ受注権100枚分で100万ギル以上は一気に稼げるわけですしね!

クッキー金策についてはコチラで詳しく紹介しています!

さいごに

FF14でギル集め・金策というのはとても大切ですが、色々な種類があって色々な考えの人がいます

今回紹介したのはあくまで僕の考えで、必ずしもそれが正解というわけではないので色々試行錯誤するのも全然アリだと思いますね!

実際に金策ムーヴを色々開拓するのにハマっている人もいますし!

現実と違って所持金0ギルになったって生活できなくなるわけでもないので、重く考えすぎず1つの知識として今回の記事を受け止めてくれたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました