【三部作の〆】戦国†恋姫EX参 〜毛利の絆編〜 クリア後レビュー

sgkhex03-cover ゲームレビュー
ゲームレビュー

待ちに待った戦国恋姫EX三部作のラスト(ラストとは言っていない)!

表紙には毛利家の面々に加え、詩乃と光璃が載った本作をクリアしたので感想をレビューしていきます!

スポンサーリンク

※この記事はPRを含みます

感想を一言で述べるなら

戦国恋姫EX三部作No.1!ネタバレ踏む前にやろう!

公表されていた三部作の三作目ということもあり、EX壱・弐のストーリーとも絡めつつベストな仕上がりでした。

舞台も有名な毛利氏の本拠地ということもあり、様々なイベントが発生。

特に弐はやや単調に感じましたが、今作は色んな変化球があって飽きずに楽しむ事ができました。

最後はアッと言わせる爆弾の投下もあっぱれ。

スポンサーリンク

ストーリー

スポンサーリンク

剣丞隊vs毛利氏

やはり今作のメインテーマはvs毛利氏

剣丞隊のモチーフとなっている秀吉軍は史実でも毛利軍と長期戦を繰り広げており、毛利元就は強者というイメージが強い戦国武将。

本作でも経験豊富・百戦錬磨の武将として描かれており、鬼云々は関係なく強敵として立ちはだかりました。

壱では本当の敵は誰なのか?

弐では鬼の国と化した越前の圧倒的武力。

それぞれ戦国の戦というよりは、鬼との戦いという側面が前面に出ていました。

一方で本作は、もちろん鬼との戦いもありますが、戦国武将たちの武と智がせめぎ合う戦国の戦としての側面が十分にありましたね。

戦国恋姫Xの追加ストーリーやEX全般はvs鬼という要素が色濃かったですが、恋姫の魅力は恋姫無双から続く武将vs武将でもあるので、ここがしっかりとしていたのは良かったです。

ダレない構成

もう1つ良かった点として、今回は非常にストーリーの構成が良くダレにくい作りになっていた事。

もちろんメインの相手(今回は毛利)を順番に攻略していって、最後はラスボス…という流れは同じでしたが、魅せ方やイベントの挟み方が上手くやっていて一番楽しかったです。

個人的には1章の疾走感は特に良かったですね。

いや毛利強くね?ってなった合戦などはお見事。

スポンサーリンク

キャラクター

今回の新規キャラクターは毛利家の面々

恋姫無双の孫呉三代っぽく、毛利三代がキャラクター化。(孫呉三代は母姉妹だけど)

実質的なトップの毛利”松乃”元就はまさかのCV風音さん。

迫力のある声を張るシーンやどっしり構えた落ち着きを見せるシーンが多く、立ち位置的にも朔夜に近いイメージ通りでした。

あと孫娘の樅に弱すぎてワロタ。

そして三姉妹の毛利”欅”隆元、吉川”椹”元春、小早川”榧”隆景。

そっくりな見た目に加え、お家流も三人の力を合わせるなど姉妹感がバッチリ

衣装のカラーがそれぞれ赤・緑・青で分けられていましたが、そうでなくとも眉の感じや表情に性格があらわれていて、そっくりながら見分けがつくいいキャラクターたちでした。

特に欅は自信のないオールラウンダーが少しずつ自分の芯を固めていく過程が成長ストーリーとして良くお気に入りです。

あと椹は鳥取城の城主ということもあり、鳥取訛りで喋るのも舞台を感じられて良かったですね。

鳥取訛りに関しては母の実家が鳥取だから気づけただけで、かなりニッチだと思いますが(笑)

最後に樅。

公式の紹介ページにもあるように表向きは生意気なメスガキ感がある娘で、本編でも色々と状況を引っ掻き回すジョーカー的な存在。

しかしながら何らかの目的と陰がある事は伺えて、この娘にはどんな事情があるんだろう?とストーリーを読み進めたくなる推進力になっていたように感じました。

CG・キャラクターデザイン

CGやキャラデザは相変わらず超ハイクオリティ。

これは壱・弐でも述べましたが、現在のエロゲCGの中では1、2を争うクオリティだと思います。

本作に関しては特に毛利三姉妹の欅・椹・榧のデザインが素晴らしく、色分けなしでも見分けがつくくらい性格が顔つきに表れているのが良かったですね。

パッと見てみて、この娘はこんな性格なのかな?というのがその通りなのには感服しました。

あと、ひよのお家流は彼女の不安そうな表情が相まって滅茶苦茶可愛いですね。

最高にGOODです。

マップ機能

もう1つ地味だけどめっちゃええやん!となったのがマップ機能。

キーボードの『M』を押すと表示することができ、ストーリーに出てくる地名を確認することができます。

歴史小説やゲームなんかは結構好きでそこそこ地名に聞き覚えがあっても、毛利領のエリアは知らない部分が多かったので凄く助かりました。

マップもデザインが戦国っぽくて超ナイス。

ネタバレ有感想

※ここからはネタバレを含みます!

EXの黒幕

加藤段蔵を従え、弐では双葉の誘拐を画策するなど存在感を徐々に増していった今回の黒幕。

毛利家の誰かか?など色々と考察はありましたが、予想以上の展開に。

毛利輝元こと樅に憑いた平安時代・壇ノ浦の戦いの犠牲者・安徳天皇(水底)というのは面白い作りでしたし、吉野もあの時代の人間であることを踏まえれば納得。

ぶんちりー
ぶんちりー

明言はされてないけど安徳天皇だろうなあ

そんな黒幕を倒したかと思いきや、最後は久遠の第六天魔王化という大どんでん返しで次回作への期待を盛り上げるところまで、これまでの恋姫にはない刺激で凄く良かったです。

スポンサーリンク

詩乃まわりのストーリー

壱でも登場していたにも関わらず、パッケージのセンターを飾った竹中”詩乃”重治。

ぶんちりー
ぶんちりー

全エロゲを通して一番好きなヒロイン

そんな詩乃には特大イベントが用意されていて、このイベントが始まってからは一段落するまで寝られなくなりました(笑)

それが『死病』に侵されるイベント

史実の竹中半兵衛も秀吉の中国攻めの最中に、病が原因で亡くなっています。

毛利編で詩乃がセンターな時点で、黒田官兵衛の監禁と両兵衛の絆エピソードをやるのかな?と思っていましたが、すっかり忘れていた死病イベントの方が発生。

戦国恋姫では鬼化による回復という抜け道が示唆されていたので、詩乃が倒れた時点でもしや…と思いましたがその通りに。

死病の原因が付喪神様の依り代にされて、身体が耐えきれなくなったというのは面白かったですね。

しかもその原因が壱で起こった長尾&伊達vs鬼化した佐竹だったのも、話の繋がりが見えてGOODでした。

別に死病を鬼化で治すだけで良くない?という意見もありますが、ちょっとした一捻りがあって楽しく読み進められたので、個人的にはアリかなと。

今回の黒幕が平安時代まで遡る相手だったこともあり、日本神話っぽい話は親和性が高いですしね。

そしてこのイベントで一番のポイントは、やっぱり詩乃の鬼化。

まさか詩乃の調伏が見られる日が来るとは…

これまでの調伏は基本的に鬼化している新キャラがメインで、北条編以降はこの流れが一連のお約束的な部分がありました。

そんなわけで連合の、それも剣丞に特に近しい剣丞隊の古参メンバーに調伏イベントは発生するとは思っていませんでした。

凶暴になる詩乃はなかなかに新鮮で、感情のブレーキがぶっ壊れるところを含めてヒロインとしての魅力が更に増したように思えましたね!

詩乃大好きマンなので、このイベントだけでこのゲーム10万で買ってもええわ…と思えました。

ぶんちりー
ぶんちりー

ヒロイン力No.1だったのに更に可愛くなるのか…

スポンサーリンク

光璃と欅

もう1つ個人的にええな~となったのが光璃と欅の関係性。

武田信玄と毛利隆元のクロスオーバーなんて恋姫ならではですが、光璃が自身を欅に重ねていたのは面白い着眼点で結構好きでした。

武田信玄は本人が親以上に有名になっているので感じにくいですが、確かに両者とも家督を継いだ時点では親がかなり偉大。

両者ともに優秀な家臣を沢山抱えており、親も偉大となれば家督を継いですぐは肩身が狭かったでしょう。

オマケに恋姫世界線では、信虎は鬼化しており、元就も鬼化の線が濃厚。

光璃からすると、欅は過去の自分を見ているようだというのは納得の境遇でした。

そしてだからこそ、まだ元就を救えるチャンスが十分あるのに、自信が持てず煮え切らない欅に苛立っているのは共感できましたね。

史実では相まみえることがなくても、境遇の似ている武将は考えてみれば結構居そうなので、そこにスポットを当てているのは恋姫ならではで凄く良かったです。

ひよのお家流

可愛らしいCGとして挙げたひよのお家流ですが、効果は個人的にはかなりのぶっ壊れ。

これまでのお家流は一部を除けば基本的には一騎当千系のものが多かったですが、ひよのお家流は戦という観点では破格中の破格。

アクションゲームチックな能力ではないですが、ストラテジーゲームとして戦を見れば、数百の敵を壊滅させるお家流以上の効果でしょう。

指揮下の行軍速度アップって、ストラテジーゲームで使えたら絶対にピックする効果ですもんね。

オマケに本人が疲労を感じないようで、ガンガン使っていけるのも破格過ぎる…

ひよは自信なさげでしたが、詩乃と雫が絶賛していたように滅茶苦茶ぶっ壊れ能力です。

お家流と言えば戦闘シーン!のイメージが強かったですが、こういう方向なら軍師や智将系のキャラクターにもお家流が色々と作れそうですし、個性が強く出るので今後も期待したいですね。

続編はある?

これはプレイ済みの方はもう百も承知。

続編は確定!

ぶんちりー
ぶんちりー

楽しみ過ぎてヤバいね

しかも続編は恐らく1作ではなく、最低でも2作はありそうな雰囲気。

まずは詩乃が言及していたように舞台を四国に移し、恐らく長宗我部をメインとしたストーリーに。

そしてラストは第六天の魔王と化した闇堕ち久遠との決戦でしょう。

これは個人的な予想と願望ですが、久遠との決戦は集大成として日ノ本全土をまとめ上げた連合vs鬼となる気がするので、まだ登場していない九州・島津氏も1作ありそう

四国長宗我部編と九州島津編、そしてラストのvs第六天魔王編の三部作になるんじゃないかな!とめっちゃ期待しています!

少なくとも四国は確定なので、続報が待ちきれませんね!

総評

発表されていた三作のラストということもあり、クオリティも引きも申し分なし!

戦国恋姫にしてはチャレンジングな要素も取り入れていて、今後の期待感も高まる内容でした!

ぶんちりー
ぶんちりー

続報と続編待ちきれねェ~~~!

恋姫無双の方もここに来て新作外伝の真・恋姫†英雄譚 外伝 白月の灯火が2023年12月22日発売予定ですし、色々動いててアツいですね!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました