【引っ越し】OCN光開通までの備忘録

ocn-hikari生活
生活

引っ越しがあれば避けては通れない光回線の開通

プロバイダーごとに違う部分もあるので、実際に引っ越しと開通を行った僕のOCN光体験記を日数付きで紹介していきます!

スポンサーリンク

はじめに

光回線はゲーマーからするとなくてはならないレベルの高速インターネット。

電気ガス水道といったライフラインと並んで、僕たちゲーマーにとってはなければ生きていけないものです。

そんな光回線はNTTフレッツ光の回線を使う『フレッツ光コラボ』と、NURO光auひかりのような独自回線を使う『独自回線系』の2つに分類できます。

いわゆる「光コンセント」がついている賃貸は大抵前者ですね。

僕は旧居・新居共に『フレッツ光コラボ』なわけですが、この括りの中に数多くのプロバイダが存在します。

電話会社と同じですね。

使ってる回線はほぼ一緒だけど、サービスを提供している会社が違うということ。

有名どころだと今回僕が紹介するOCN光や、ソフトバンク光ドコモ光楽天ひかりフレッツ光ネクストとかですね。

当然サービスを提供している会社が違うなら、料金プランやサービスの質も変わってきます。

特に開通に関しては、かなり差がある気がしているので体験記を書くことにしたわけです。

スポンサーリンク

ぶんちりーのケース

僕のブログを拝見してくださっている方で、FF14プレイヤーなら分かるかもしれませんが4月下旬〜5月中旬は「絶竜詩戦争」というレイドの攻略で毎晩固定PT活動があります。

このため、新居に引っ越したその日から光回線は必須

そこで、光回線の開通を確認してから引っ越すことにしました。(家賃は勿体ないけども背に腹はかえられぬ)

これは首都圏内での比較的近距離な引っ越しだったからできたことではありますね。

そんなわけで、新居も契約して家賃も発生しているので可能な限り早く開通して欲しいわけです。

そこで、複数のプロバイダに申し込み依頼をして最も早く開通してくれる所を選ぶことにしました。

その中で最も早く開通日の目処が立ったのがOCN光だったわけですね。

ソフトバンク光を継続しなかった理由

実は僕、旧居ではソフトバンク光でしたが継続しなかった理由は2点。

  • ソフトバンクユーザーではなくなったのでセット割が使えず料金が割高
  • 回線引っ越しは開通を確認してから引っ越し・解約ができないのでリスクが高い

回線速度や安定性、サービスに不満はなかったですが変えることにしました。

特に2点目は、僕みたいに回線が使えない期間とリスクがあるのが耐えられない人は気をつけましょう!

上記が当てはまらない人には僕が4年間お世話になったソフトバンク光もオススメです。

スポンサーリンク

ぶんちりーの新居

僕の新居は首都圏の賃貸で、2階建ての4戸建て。

光コンセントという光回線を部屋まで引く設備が既に設置済みの状態でした。

大家さんからも契約すればすぐ使える、前の入居者はそうしていたと言われています。

もちろんエリアもフレッツ光コラボのサービス提供圏内です。

開通工事の流れ

前述の通り光コンセントを含む回線設備が整っていたため、業者さんの立ち会いが不要な無派遣工事となりました。

ONUという、モデム的な機器が送られてきて、それを光コンセントに自分で繋ぐというスタイルですね。

このONUに自分で用意したルーターを繋げばOK。

あとは指定された日時にNTTの基地局で開通作業を行ってもらい次第開通となります。

体験記

では、ここからは実際の日付に照らし合わせた体験としてご紹介していきます!

始まりは2022年4月21日。

4月21日

賃貸契約が決まり、複数のプロバイダに申し込み依頼。

4月25日-4月28日

複数のプロバイダから開通の目処が通達。

OCN光はサポートの電話受付時間が10:00〜17:00で、会社の昼休みにしか電話が取れず苦戦。

担当者不在もあり、最初の不在着信が4/25だったのにも関わらず4/28にようやく担当者の方からお話が聞けました。

この時点でGWを挟むため、開設工事が遅れる事が確定。

これはどのプロバイダでもそうでしたね。

詳しくは後ほど考察します。

そんな各プロバイダーのなかでは、OCN光は最も早い5/9開通を提示してくれました。

これなら機器の受け取りはGW中にでき、開通確認は仕事帰りにできるのでOCN光に決定。

5/9に切り替え工事&開通予定なので、機器は5/7の12-14時の間に送ってもらうことに。

これでなんとか引っ越しも5/14にできそうになりました。

中には住所登録がされてないか5月下旬のつもりで」と言ってくるプロバイダも居たので、この点に関してはOCN様様です。

5月2日

新居に郵便として開通に伴う書類が郵送される。

契約タイプや住所氏名、パスワード等が記載された書類を確認。

5月7日

予定通り12時から新居で待機し、機器を受け取り

この時点で光コンセントに差し込んでセットアップして良いとのことなので、5/9の開通時点で使えるようにセットアップ。

5月9日

仕事帰りに新居に立ち寄り、ルーターをONUに接続。

当日中にネットが通っているかを確認してくれればよく、開通作業は午前中にやっておくとのことだったので仕事帰りに確認できたのはとてもGOODでした。

キチンとネットが通っている事が確認でき、無事に開通完了

モードをOCNバーチャルコネクトにすることでIPv4とIPv6の両方が問題なく動作したので安心して引っ越しに移れました。

5月14日

引っ越し後にPCを有線でルーターに繋げ、問題なく動作。

ネット速度とPingも安定していてFF14やValorant、Apex Legendsなど色んなゲームを快適にプレイできることも確認できました!

これにて-完-

まとめと考察

今回は申し込みが4月21日で、開通が5月9日と開設まで19日かかりました。

電話口でも説明された通り、4/29-5/8のGWを挟んだことで遅れた部分はありますね。

どのプロバイダでも似たような事を言われたので、これはOCN光の問題というよりはNTTとその下請けの工事業者が原因だと思われます。

その中ではGW明け直後と、最も早い日を提示してくれたOCN光は開設までのフローが早い方なのかなと思いますね。

運営元がNTTコミュニケーションズと、フレッツ光コラボの大元であるNTTグループの会社なので納得と言えば納得です。

要らぬ深読み

ただ、工事予約が電話限定(これはどこも同じ)なのに、受付時間が10-17時なのは社会人にはキツすぎるだろとは思いました。

例えば楽天ひかりは21時まで大丈夫なので、連絡がスムーズに行きましたからね。

まとめるとこんな感じ。

  • 開通までが(他と比べて)非常に速い
  • 一連の作業に問題がない
  • 回線の品質にも問題がない
  • サポートの電話受付時間が短すぎて、担当者と話せず開通日が後ろにズレていく可能性アリ

もし早めの開通を希望されている方がいらっしゃれば、OCN光は有力候補に入れてもいいプロバイダだと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました