ゲーム以外もあるよ!ウルトラワイドモニターの使い道

ultrawide-monitorデバイス
デバイス

ウルトラワイドモニターってゲーム以外に何かメリットあるの?

買うか迷ってるんだけど後もう一押しがなあ…

こんな風に思っている皆さん!ウルトラワイドはゲーム以外の場面でもQOLを爆上げしてくれるので、ゲーム以外のメリットを紹介していきます

スポンサーリンク

はじめに

ゲーマーがウルトラワイドモニターってよく言うけど、画面が横に広がって何が嬉しいの?

その答えはシンプルで、ウルトラワイドモニターに対応しているゲームだと没入感ゲームプレイの両方で大きなメリットを享受できるから。

ウルトラワイドモニターに対応しているゲームでは、画面に移る情報量(視野の広さ)が変わります。

画面が横に広がった分だけ、視野も横に広がるんですよね。

例えば大人気MMOのファイナルファンタジー14

フィールド外周を見てギミック処理するコンテンツも多いFF14では、視野が広がる=カメラを回す必要なくなる、つまり操作量が減るということ。

一部では公認デバイスチート(もちろん規約的に問題なし!)と呼ばれるくらい、ゲームプレイが劇的に快適になりますね。

もちろんこういったプレイ面だけでなく、視界がゲーム画面で埋まるためよりゲームに没入できるようになります。

RPGなどのジャンルは、昨今のグラフィックの進化もあり、没入感がゲームの楽しさに大きく関わってくるもの。

その没入感を補強してくれるウルトラワイドはゲームの楽しさを引き上げてくれるツールとも言えるでしょう。

スペック・価格別のおすすめウルトラワイドモニターはコチラで紹介しています!

ここで気になるのが、ゲーム用に購入したいが他に何かいい事あるの?という点。

PCモニターは普段使いする訳ですから、ゲーム以外にもメリットがあればなお良いですよね。

というわけで、今回はウルトラワイドモニターのゲーム以外でのメリットを紹介していきます!

スポンサーリンク

メリットのある使い道

もちろん道具は使いようですから、人によって様々なメリットがあると思います。

それを踏まえたうえで、ウルトラワイドモニターを使っている友人たちが口を揃えて挙げるのがここら辺。

  • 仕事
  • 動画編集
  • Excel・スプレッドシート管理
  • 2画面以上の作業・ながら見
スポンサーリンク

①:用途に応じた画面分割

大抵のウルトラワイドモニターにある機能

それは画面分割機能

大人気のLGだとOn Screen Controlという機能で、その他のメーカーでも似たような機能があります。

通常の2画面や3画面だと、モニターの分割はそれぞれのモニター形状で決定されます。

例えば、同じサイズの16:9モニターが2枚なら1:1分割ですよね。

ウルトラワイドモニターの場合、1枚の画面を2つに分けても問題のない横幅があるため、作業時に画面分割するのは珍しくありません。

21:9のモニターなら、16:9と5:9の2つに分けたりとかですね。

これをモニター側のソフトで、ある程度自由なサイズを選べるのがメリット。

動画を見ながら作業なら16:5に、仕事の書類作りならサイズに合わせて1:1や3:2など、用途に応じた分け方ができます。

画面分割の割合を変えられるだけでしょ?

こう思う方も多いかもしれませんが、実際に体験して慣れると元には戻れなくなるくらい便利。

職場のモニターが通常のもので、自宅のモニターがウルトラワイドだと、自宅の方が圧倒的に作業効率が良い!という人も少なくないですね。

職種にもよりますが、資料作成やコーディング、Web会議への出席などほとんどのシーンでウルトラワイドモニターの画面分割は大活躍してくれること間違いなしです。

これはもちろん仕事だけでなく、プライベートの作業にも同様。

FF14プレイヤーならExcelスプレッドシートで攻略法をまとめたり計算をしたりは珍しくないですし、そうでなくともこれらのツールを使うことは多いでしょう。

僕のようにブログを執筆する人にとっても、書きながら調べる。書きながら配信を流す。作っておいたメモを見ながら書く。などなど便利なシーンはとても多いです。

16:9では少し足りない横幅を埋めてくれるだけで、こんなにも快適になるのかと驚かされること間違いなし!

②:動画編集に最適

僕自身は時々FF14のプレイ動画の音声を消すために編集する程度で、そこまで動画編集はしません。

ただ友人には動画編集をする人間が多く、彼らのほとんどはウルトラワイドだと動画編集がやりやすいと口を揃えて言います。

FF14でYoutuber的な活動をしている友人に限ると、ウルトラワイド率100%です(笑)

その理由は大きく分けて2つ

1つ目は、動画自体は16:9で作成するので、編集画面を大きくできること。

編集画面が広ければシンプルに見やすいですし、それでいて他のツールバーのサイズが変わる訳でもないので作業がしやすくなるようですね。

2つ目は、ツールバーのタイムラインが使いやすくなること。

普及している動画編集ツールのほとんどが、動画のタイムラインは横向きになっています。

観る側からしても、YoutubeやTwitchのスクロールバーは横向きですよね。

動画編集において時間=横向きというのはスタンダードなので、画面が横に長いウルトラワイドはこのスクロールバーとの相性が良いんです。

でも動画編集なんてやらなくね?

こういう声も多いですが、いやいやとんでもない!

今やYoutubeLiveやTwitchで、配信者じゃない一般ゲーマーが配信を垂れ流すのは珍しくない時代。

せっかく動画データがクラウドに上がっているわけですから、これの編集をして動画にしてみるのも楽しみが増えるじゃないんでしょうか?

別にそれでご飯が食べられなくても、友人に共有して盛り上がるだけで十分楽しく、嬉しいものです。

FPSなどで、俺強くね?ってシーンのモンタージュを作って、あとから自分でニヤニヤするだけでも価値があると思いますよ!

まとめ

多くにゲーマーが購入を考えるゲーム用という用途にはもちろん最適なウルトラワイドモニター。

しかしそれだけではなく、オマケとして日々のQOLを上げてくれる快適さを提供してくれるはずです。

  • 仕事
  • 動画編集
  • Excel・スプレッドシート管理
  • 2画面以上の作業・ながら見

こういったシーンでの快適度が、ゲームの快適度アップに付随して向上されるので、ぜひ1度試してみてください!

スペック・価格別のおすすめウルトラワイドモニターはコチラで紹介しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました