【ELDEN RING】個人的なオススメ近接武器&戦技

eldenring-cover5ELDEN RING
ELDEN RING

ELDEN RINGオススメアイテムシリ―ズ【近接武器&戦技】編!

近接戦闘を好みつつも、様々なクソモーションを繰り出してくるに心が折れそうな方必見です!

筆者プロフィール

  • 高校生の頃に2度『Demon’s Soul』を購入し、2回とも挫折してゲーム屋に売りに行った過去アリ
  • 『DARK SOULS』も懲りずに購入するも挫折
  • もはやフロムゲーが若干トラウマ
  • Assassin’s CreedやThe Witcher 3: Wild Huntが好き

3月17日のアップデートで多くの戦技が大幅に弱体化されました!

追記・更新していますのでご了承ください。

スポンサーリンク

はじめに

ELDEN RINGはデモンズソウルやダークソウル、ブラッドボーンやSEKIROといったドM御用達ゲームメーカー・フロムソフトウェアの最新作オープンワールドRPG

システムとしては非常にソウルシリーズ(デモンズソウル・ダークソウル1~3)に近く、これにオープンワールド要素が組み込まれたゲームです。

オープンワールドブームの火付け役であるゼルダの伝説BotWや、Witcher 3などの作品と比べても難易度が非常に高く、笑顔で多くのプレイヤーの心を折りに来てくれる本作。

しかしながら、そんな鬼のフロムゲーにも良心アリで、攻略を楽にしてくれるアイテムが散りばめられています

ハードコアオープンワールドなんだから、頑張って探索しろよな(ニッコリ)

そんな声が聞こえてきそうな本作ですので、未入手のこのアイテムをゲットしたら倒せた!そんなシーンも珍しくないです。

ですので、中学時代にデモンズソウルを買って心が折れて売りに行き、高校時代に再チャレンジするも再度心が折れて売りに行ったフロムゲー苦手マンの僕を救ってくれたアイテムを紹介していきますね!

今回は武器&戦技編ですが、遺灰に加えタリスマンや防具、魔術なども紹介予定なので見に来てくれたら嬉しいです。

また、発売したてのゲームで未発掘の強アイテムもあるかもしれないですし、プレイスタイルによってはコレもオススメ!というのもあるでしょうからコメントTwitterでご意見いただければ幸いです。

アイテム名やボス名を出すので、若干のネタバレを含みます!

他のELDEN RING記事はコチラ!

スポンサーリンク

武器とは?

このゲームの武器は結構奥深く、色々な選び方があります。

ザっと思いつく限りでもこれくらいですかね。

  • モーション
  • 振りの速さ
  • リーチ
  • 必要ステータス
  • 追加効果
  • 戦技
  • 見た目

自分のやりたい戦闘スタイルに合わせた武器を選ぶゲームと言っても過言ではないので、ザックリとでもいいのでやってみたいスタイルを思い描いてみましょう!

あとはそのスタイルに合った武器種や戦技を選び、それに合ったステータス振りをしていけば快適に楽しめるはず。

ただ、余程これがいい!という武器がない限りは、メインで使いたい戦技を決めてから武器選びするのがオススメですね。

中にはユニーク武器でしか使えないユニーク戦技もあるので。

また、強化素材がノーマル武器(鍛石)とユニーク武器(喪色の鍛石)で別れているので、それぞれの弱点を持ち換えで保管できるようにピックするとより楽になると思います!

例えば、これまで猟犬の長牙(ユニーク武器)をメインで戦ってきたなら、モーションが速く追加効果+範囲技を狙える打刀+霜踏みにするとかですね。

スポンサーリンク

戦技とは?

今作の目玉要素であり、近接系のプレイスタイルに大きく影響するのが戦技。

PSコントローラーのL2で発生する技で、必殺技のようなもの

範囲攻撃を繰り出したり、特殊な移動をしたり、武器に属性をエンチャントしたりなど多種多様。

通常攻撃の弱みを補ったり、強みを伸ばしたりと武器+戦技をセットで考える仕様になっていると僕は感じていますね。

戦技は戦灰というアイテム(使っても消えない)で武器に付与することができ、敵に合わせて使い分けることも可能。

この戦技が使いたいからこの武器を使おう!このビルドにしよう!といった感じで僕はゲームを進めたりステータスの振り直しを試したりしたので、色々試してみるのがオススメです!

間違いなく遺灰と並んで攻略を手助けする、エルデンリングの目玉要素ですからね。

苦戦していたボスも戦技を変えたらアッサリなんてケースもあります。

このため、今回は戦技→武器の順で紹介していきます。

オススメ戦技

霜踏み

まずは今作最強と言われまくっている霜踏み。

ナーフで威力半減・発生がやや遅く

前方に扇状範囲攻撃を出す、多段ヒットの冷気属性付き攻撃。

発生が早いうえに範囲が広く多段ヒット凍傷ゲージまで貯まる。

欠点は空中に居る相手に当たらないのとダメージの低さ。

ナーフされてからはダメージがキツく、広範囲で複数の敵に凍傷ダメージを入れるのがメインの戦技になりました。

このため雑魚戦などでは活躍できますが、ナーフ前のように単体ボス相手にも最強!というわけではないので要注意。

入手方法はリエーニエのカーリアの城館の東にある池?水溜り?に居るスカラベ

全ての近接攻撃武器に付けられますが、特に生贄斧との相性がバツグン

敵を倒すとFPが回復できるので、乱発しながらより楽にダンジョン探索が可能となります。

赤獅子の炎

霜踏みと並んで便利な範囲攻撃戦技である赤獅子の炎。

入手方法はケイリッドのゲール砦の北西に居るスカラベ

発生の早さや属性こそ劣りますが、霜踏みよりも優秀な点が強靭削り

雑魚は2回当てればほぼ確実にダウンしてくれるので、ダンジョン中に居る硬めの敵を楽に屠れるのが魅力。

範囲も大きいので、ボス戦でも十分強いですが特に雑魚戦での強さが目立つ戦技ですね。

出てくる敵のタイプに合わせて霜踏みと使い分けてもいいかもしれません!

血の斬撃

これまた便利な範囲攻撃戦技である血の斬撃。

ナーフで自傷ダメージ増加・威力と発生速度がややダウン

入手方法はリムグレイブのハイト砦に居る騎士を倒す事

霜踏み・赤獅子の炎と比べると範囲や発生の早さ、追加効果などではやや劣るこの戦技。

しかしながら、燃費の良さ(消費FP6)という明確な強みがあります。

使用に自身のHPを少し減らすというデメリットがあるため、実際にはFPとHPを消費して使用するこの戦技。

HPも減るとはいえ、消費FPが少ないためビルド問わずガンガン使っていくことができます。(ナーフが入ってからはHP自傷が目に見えるので注意)

精神力に振ってなかった時は重宝していた

また、この戦灰は出血属性に派生させられるため、属性という点でも霜踏み・赤獅子の炎よりも優秀。

今作のメインボスはどれもHPが非常に多く、割合ダメージの出血が超強力なので出血属性への派生はナイス過ぎます。

猟犬のステップ

ダメージソースを戦技ではなく通常攻撃や追加効果メインにしている方に特にオススメな猟犬のステップ。

ローリング+攻撃の流れメインだと、距離を取ってくる敵やローリング回避の難しい敵相手にはかなりシビアなプレイングを要求されます。

盾無しになってしまう二刀流なんかは特にそうですね。

こういったケースでは、FPを消費する代わりにローリングの完全上位互換回避&移動ができる猟犬のステップはベストマッチ。

回避から接近、背面取りなどの移動に関しては神としか言いようがないくらい優秀な戦技です。

また、毒沼だらけのダンジョンを探索する際にこの戦技を使うと、移動が速くなるうえにダメージを受けないで済むので探索用に必ず持っておきたいところですね。

入手方法はケイリッドのレンの魔術塔の北に居る『夜の騎兵』を倒す事。夜の騎兵は夜にしか出現しないため要注意です。

クイックステップ

猟犬のステップが入手できるまでの繋ぎですが、クイックステップも同じく優秀。

こちらは猟犬のステップほどではないですが移動速度は十分に速いので、毒沼などの駆け抜けたいエリアの探索には重宝します。

入手方法はリムグレイブの戦学びのボロ家で『騎士ベルナール』から購入

また、円卓の双子の老婆から購入できるダガーの戦技でもあるので、ダガーを一本購入してサブに仕込んでおくのでもOKです。

鉄壁の盾

盾に付ける戦技の中で、初心者向きでもある鉄壁の盾。

ナーフで消費FP増加・効果時間が短縮

効果はシンプルで、盾でガードした時のスタミナの削れ方が大幅に減ります

物理100%カットの盾でこの戦技を使えば物理攻撃はほぼ全て完封できるのでかなり楽になるはず。

有効な相手には、ガード→ガードカウンターやガード→攻撃の流れやは非常に手軽ですからね。

槍のようなリーチの長い武器と組み合わせればグッと安定感が増すはずです!

入手方法は啜り泣き半島のモーン城壁前の近くに出現する『夜の騎兵』を倒す事。夜の騎兵は夜にしか出現しないため要注意です。

ナーフ後は効果時間の短縮が痛く、より相手の動きを見ながら使う必要が出てきたので要注意です。

ちなみに鉄壁の盾をつける中盾だと『真鍮の盾』がオススメ。

戦技なし

これも盾に付ける戦技で、武器の戦技メインに立ち回って行きたい人向けの戦技なし。

盾を持つ場合、その盾に戦技が付いているとその戦技が優先され、右手に持っているメイン武器の戦技が両手持ちをしない限り使えなくなってしまいます。

これだと非常に不便ですが、盾に戦技なしを付けることによって盾を持ちながらでもメイン武器の戦技を使えるようになるわけですね。

今回紹介した戦技を駆使して戦って行きたい方には、戦技なしをつけた盾を1つ用意しておくのは超オススメです。

入手方法はリムグレイブの戦学びのボロ家で『騎士ベルナール』から購入。クイックステップと同じところです。

空撃ち

最後はあると便利な弓用の戦技:空撃ち。

入手方法はケイリッドの隠匿商人のボロ家の西に居るスカラベ

安全な位置から弓チクをして敵をハメ殺しする場合、射線を通すのが難しいケースが結構あります。

真下近くに入られたりとかですね。

そんな時に空撃ちがあると、そういった箇所にも弓を打ち込めるようになるのであると便利オブ便利

オススメ武器

プレイした印象では、ユニーク武器は強力なユニーク戦技を持っているものから選ぶのがまずオススメ

逆に上述の戦技を使いたい場合は、戦灰をつければいいので自分のビルド・プレイスタイルに合った武器の中から使いやすいものを選べばOKだと思います!

例えば、刀大好きマンだった僕は長牙に血の斬撃をつけて長いことプレイしてました。

なので、今回紹介するのは基本的に上述の戦技を使わない、ユニーク戦技武器です。

猟犬の長牙

最序盤からゲットできる技量武器で、いわゆる上質ビルドや技量ビルドを目指すなら必ず取っておきたい一本。

そうでなくても、序盤の関所である『忌み鬼のマルギット』や『接ぎ木のゴドリック』を倒すために取るのもオススメ。

入手方法はリムグレイブの主なき猟犬の封牢のボス『猟犬騎士ダリウィル』を倒す事

武器種が大曲剣のため、モーションなどは遅めのこの武器。

しかしながら、ユニーク戦技『猟犬の剣技』がとにかく優秀。

そこそこ範囲のある斬り上げをしながら、相手との距離を離します。

武器が強化されていればダメージは十分過ぎるほど出る上に、攻撃後にバックステップするため相手のカウンターを貰いにくいのが超優秀。

更に、戦技中~直後くらいに強攻撃(R2)を入力すると前方にテレポートして攻撃を入れてくれます。上述の『猟犬のステップ』を前方入力で使った時と同じ動きですね。

戦技で隙の少ないヒット&アウェイができるので、とにかく戦いやすい!

この武器&戦技でクリアしている人も一定数居るくらいですから、最序盤から入手可能の武器では最強クラスでしょう。

名刀月隠

知力にステータスをガン振りする魔法戦士の方にオススメなのが名刀月隠。

サイレントナーフで戦技強攻撃の魔法斬撃部分の強靭削りが大幅ダウン

入手方法はケイリッドのゲール坑道のボス『溶岩土竜』を倒す事

必要ステータスが筋力12技量18知力23なので、キチンとステ振りしなければならないですがその分強力。

戦技:束の間の月影は構えを取るもので、ここから通常攻撃(R1)か強攻撃(R2)を押すと派生して発生。

通常攻撃は横薙ぎの範囲攻撃で、強攻撃は長射程の縦薙ぎの直線範囲攻撃。

通常攻撃も雑魚戦で便利ですが、何といっても強攻撃

遠距離攻撃では?レベルのこの攻撃は発生が早いうえに射程が長いので、どんなボス戦でも非常に当てやすいです。

ただ、ナーフ前は魔法斬撃の強靭削りも優秀だったのが、今はキチンと近接で刀身を当てないと強靭削りは期待できません。

狙える時は近接で戦技、安全にダメージを入れたいときは離れて戦技と使い分けられる時点で十分強いのでまだまだ強武器です!

ちなみに、刀なので技量にステ振りすると勘違いされがちですが、戦技の威力が武器レベル&知力に依存するため知力振りがオススメです!

夜と炎の剣

これまた超強力な戦技を持つ夜と炎の剣。

ナーフで威力がダウン

入手方法はリエーニエのカーリアの城館内にある宝箱

必要ステータスは筋力12技量12知力24信仰24とかなり独特。

夜と炎の剣を使うなら、これを意識したステ振りが必要ですね。

戦技:夜と炎の構えは名刀月隠と同じく、構えを取ってから通常攻撃(R1)か強攻撃(R2)を押すと派生して発生します。

通常攻撃は長射程のビーム。

強攻撃は炎での横薙ぎ払いによる範囲攻撃。

どちらも非常に強力な技で、雑魚・ボスや単体・複数を問わず使えます。

ステ振りが独特で、メインで使いたい戦技の種類によってメインに振るステータスが変わってきます

通常攻撃(ビーム)メインなら知力、強攻撃(炎薙ぎ払い)メインなら信仰ですね。

もちろん半々に振っても悪くはないと思いますが、どちらかを軸に据えてステ振りした方が強くなりやすいかなと思います!

とはいえ振ってない方の戦技でも結構強いので、使い分けられるという点も魅力ですね。

ナーフ後は前ほどのぶっ壊れ火力は出ませんが、近接武器・戦技の中ではまだまだ上位クラスの火力を出しつつ離れて攻撃ができるので、攻略での有用性はまだまだ高いと言えるでしょう。

未検証ですが、知力のステータスを上げれば戦技通常攻撃(ビーム)はナーフ前並のダメージが出るそうです。

黒き刃

意外と話題になっていない強戦技を持つ、サブ武器に最適な黒き刃。

入手方法はアルター高原の貴き者たちの英雄墓の入り口に居る『黒き刃の刺客』を倒す事

ユニーク戦技『死の刃』は、最強遺灰の一角である黒き刃、ティシーの使う戦技と同じもの。

要するに、ティシーを最強クラスに押し上げている最大HP減少+継続ダメージを戦技として使うことができるわけです。

そらつえーわ

重量も2.0と非常に軽いので、必要ステータス(筋力8技量12信仰18)を満たしていて、十分に強化していれば開幕にとりあえず何発か戦技を叩きこむ、開幕専用サブ武器運用が強力

その後は他のメイン武器に持ち替えて戦えば、一気に戦闘が楽になります。

特にHPの割合で第二形態に移行するタイプのボスでは、第二形態後に必要な要求ダメージ量が大幅に減るので超オススメです。

しかも入手方法的に、ティシーより先にゲットできるのもGOOD。

グランサクスの雷

汎用性が高く安定した攻略をしたい方にオススメなのがグランサクスの雷。

入手場所は王都ローデイルの黄金樹の大聖堂の西にある昇降機で下に降り、左手に見える大きな槍の先

メインストーリーを進めて王都ローデイルが灰都ローデイルになると入手不可になるので、王都ローデイル攻略時にゲットしておきましょう!

魅力はまず武器種が槍という点。

戦技『鉄壁の盾』をつけた盾でガードをしつつ、槍の突き攻撃で隙の少ない攻撃ができます。

ガードカウンターは隙が大きく決まらない相手も多いので、槍はリーチ・モーション共に優秀で使いやすい印象。

更に、ユニーク戦技『古雷の槍』も超優秀。

雷の槍を投擲する技で、近接職を補完できる遠距離攻撃

敵が離れたタイミングや遺灰がタゲを取っている時に使えばスタミナ消費のコスパも良いですし、タメる隙があるならかなりのダメージも出ます。

モーションも非常に優秀で、空中に浮くので地面に判定がある攻撃を避けることも可能。

盾との相性、モーション、遠距離攻撃の戦技とオールラウンダーで汎用性の高い武器と言えるでしょう。

必要ステータスが筋力20技量40と要求値が結構高いので、上質~技量ビルドのする必要があるのが欠点といったところですかね。

死かき棒

リーチの長い戦技を欲している方にオススメできる上質(筋力+技量)武器が死かき棒。

入手方法はケイリッドのエオニア沼南岸の南東に居る『死儀礼の鳥』を倒す事。死儀礼の鳥は夜にしか出現しないため要注意。

戦技:霊炎発火は目の前に霊炎を出し、その後に通常攻撃(R1)か強攻撃(R2)を押すと派生して発生。

通常攻撃の方が非常に強く、長射程の霊炎攻撃を出すことができます。

地を這う技のため空中を飛んでいる敵には当てにくいですが、地上に居るボスなどには距離を取りながらガンガンダメ―ジを入れられるので超優秀!

星砕きの大剣

筋力にステータスをガン振りする脳筋ビルドにオススメなのが星砕きの大剣。

入手方法はケイリッドのボス『星砕きのラダーン』を倒し、円卓の『指読みエンヤ』に『星砕きの追憶』を渡すこと。

この武器は非常にユニークで、片手持ちする時は1本。両手持ちする時は、両手持ちではなく二刀流となります。

戦技も自分中心範囲で雑魚戦では優秀なことに加え、両手持ち二刀流状態では独特のモーションから繰り出す攻撃のDPSが非常に高いので通常攻撃でもダメージが出しやすいです。

メインストーリーを進めて行けば必ず入手できるのもありがたいですね。

大亀の甲羅

戦技で紹介した『鉄壁の盾』をデフォルトで付けている大亀の甲羅。

サイレントナーフで物理100%カットから87%カットにダウン

今回紹介した中で一番厳しい立ち位置に追い込まれたかもしれない

この盾は物理100%カットで鉄壁の盾が付いているうえに、最序盤から入手できる超優良盾。

更に、スタミナの回復速度が速まる追加効果付きといいところ盛りだくさん。

入手方法は啜り泣き半島のモーン城壁前の近くで、気流に乗って霊馬でジャンプすると乗れる塔の上にある宝箱

戦技『鉄壁の盾』をゲットするまでの繋ぎやスタミナ回復効果で持つのはアリですが、物理100%カット盾に鉄壁の盾をつけた方が圧倒的にベターなのであくまで最序盤の繋ぎ盾になりましたね。

ちなみに鉄壁の盾をつける中盾だと『真鍮の盾』がオススメ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました