【FF14】黒魔道士御用達ツールMP Tickerの導入方法

mp-timerFINAL FANTASY XIV
FINAL FANTASY XIV

黒魔道士のトランス回しってMP回復どうするの?

MP回復のタイミングを可視化したいな…

暁月のフィナーレが発売されて黒魔道士界隈も賑わいを見せているので、今回は昔から多くの黒魔道士に愛用されている(多分)MP Ticker導入方法を紹介していきます!

非公式外部ツールなので、利用は自己責任でお願いします!

スポンサーリンク

MP Tickerとは?

MP Ticker(MPティッカー)とはMPの回復タイミングを可視化する外部ツールの総称です。

MP Timer(MPタイマー)なんて呼ばれる事もありますね。

僕の使っているMP Ticker+設定だとこんな風に表示されます。

mpticker-example

特に黒魔道士のようなMP回復タイミングがローテーションに関わるジョブや、一昔前のモンクの『無我』のようにティックタイミングが重要になるジョブで使用されることがあります。

無我回しで使われていた無我タイマーは全く同じグループのツールですね。

導入していて困るツールではないので、一度導入・設定を済ませておくのがオススメです!

非公式外部ツールなので、利用は自己責任でお願いします!

ACT・FFlogsのような外部ツール、寝マクロ問題などをについて僕の見解を述べているので合わせてこちらもご覧ください。

スポンサーリンク

Hojoring経由の導入方法

ACTをダウンロードする際に多くの方がセットで入れるHojoringが導入済みの場合は、同梱されているULTRA SCOUTER(通称:ウルスカ)を設定するだけでMP Tickerが使えるようになります。

設定手順

設定手順はHojoringを導入していれば非常にシンプルです。

  1. Advanced Combat Tracker上のPluginsのタブをクリック
  2. 表示される1つ下のULTRA SCOUTERのタブをクリック
  3. MEのタブをクリックし開く
  4. 3s Tickerをクリックして『表示する』『カウンターを表示する』『MPの周期に同期する』の3つにチェックを入れる
mpticker-setting

これでMP Tickerが表示されるようになります。

画面上のお好みの場所に表示する場合は、『ロケーション』の座標2つを適宜設定しましょう。

Hojorinを導入済みでUltra Scouterも入っているはずなのにULTRA SCOUTERのタブがない!という方は以下の手順でウルスカがオンになっているかを確認してください。

  1. Advanced Combat Tracker上のPluginsのタブをクリック
  2. 表示される1つ下のPlugin Listingのタブをクリック
  3. 『ACT.UltraScouter.dll』を探し『Enabled』にチェックが入っているかを確認(入っていなければチェックを入れる)

フォント

バーやサークル内に表示される秒数のフォントを設定する場所がここです。

フォントの種類やサイズ、太字にするかどうか、色などを選べます。

僕は基本的にあまりいじらず、サイズのみ見やすい(と感じている)20に変えていますね。

ここは個人の好みで見やすい用に設定するのが良いでしょう。

特にサイズと色は見やすさに直結しますし、コンテンツ中に見るものなので背景と同化しないカラーがオススメですね。

バー

バーの設定はMP Tickerのキャストバーの設定。

デフォルトだと横棒のゲージスタイルですが、これを見やすいカラーやサイズに変更できます。

mpticker-bar

また、Tickerは残り秒数ごとに色が変化するよう設定されていますが、これの見やすさは人それぞれなので自分に合うようにするのがオススメ。

僕は色が変わってくれた方が見やすいのと、気が散らないのでこのスタイルをそのまま採用しています。

しかし、気が散って集中できないという方も僕の回りに一定数いるので、ここは本当に好みですね。

また、『サークルスタイル』の欄にチェックを入れると僕が使っているような円形の表示になります。

FF14のスキルアイコンのクールダウンみたいな視覚情報になるので、バーよりもサークルがいい!という方はチェックを入れてこちらのスタイルにするのがオススメですね。

その他

他にもオフセットや再同期までの秒数などがありますが、僕はここら辺はあまり弄っていません。

ただ、キチンと設定しておきたいのがMP Tickerを使うジョブ

一番下の『自分が下記のジョブのとき表示する』の項目でMP Tickerを使うジョブにチェックを入れておきましょう。

それこそMPを一切使わないメレーDPSやレンジDPSでMP Tickerが表示されても邪魔なだけですからね。

基本的には黒魔道士しかスキル回しに影響しないので『黒魔道士』にチェック。

あとは蘇生後やMP切れ後でMPがガス欠を起こした際に見るくらいなので、ヒーラー(白魔道士・占星術師・学者・賢者)とキャス(召喚士・赤魔道士)にチェックを入れるかなといったところでしょう。

常時出ていては間違いなく邪魔なので、必要な時だけ出るようにするのがグッドです。

スポンサーリンク

設定したのに表示されない場合は?

設定したのに表示されない!といったケースは初めての設定ではあるある。

一番試してみて欲しいのは、一度ACTを再起動すること。

再起動することで設定が反映されて表示されるケースは本当にあるあるなので、まずはこれを試しましょう。

それ以外だと、プラグイン(Plugin)の項目でUltra Scouterがオフになっていないかを確認した方が良いですね。

ACT、特にHojorinのオーバーレイが表示されていてMP Tickerのみが表示されない場合は、上述の設定が正しくできていないか反映されていないかがほとんどなので、まずはそこを再確認してみましょう!

今の黒魔にMP Tickerって必要?

ここまでMP Tickerを紹介してきましたが、正直パッチ5.X漆黒シーズンと違い、パッチ6.0暁月シーズンの黒魔にMP Tickerはそこまで必要ではありません

漆黒シーズンではMP Tickerを見ながら合わせ続ければ、トランス回しでブリザジャ0なんてことも実現可能でしたしそれが非常に強かったです。

ただ、暁月シーズンでは新魔法『パラドックス』の追加によりトランス回し中のMP回復に余裕ができましたし、ブリザジャ0よりブリザジャを適切に使った方が強いケースも見られます。

トランス回しが基本的に成立する以上、無理にMP Tickerにこだわらなくでもトップ火力は狙えると言えるでしょう。

とはいえ、あれば追加のTickを狙ったりなんてことも可能なので、できるなら入れておくのはアリよりのアリだと思いますね!

それではみなさん快適なエオルゼアライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました